京都 ブログ ガイド

京都 ブログ ガイド

京都を旅行したとき知りたい京都 観光 ガイドや旅館・ホテル、
仕事で京都市を移動中に見つけた京都 旅行・観光におすすめな
お店や神社仏閣等を紹介している京都 観光 ガイドのブログです。
<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH





2014 千両ヶ辻文化祭
千両ヶ辻は、大宮今出川辺りの地域です。
江戸時代中期、西陣にあるため、糸屋、織物商が一日に千両の商いをしていたということから
千両ヶ辻と呼ばれるようになりました。


9/23、大宮今出川から一条通の辺りまでで千両ヶ辻文化祭が開催されました。
この辺りには、京町家や古くからの老舗があり、染織作品の公開、 町家写真館公開、和洋雑貨の展示販売などが行われました。
京都 ブログ 観光ガイド

家の軒先で販売しています。
京都 ブログ 観光ガイド

車も通行しますが、歩行者天国みたいになっています。
京都 ブログ 観光ガイド

お茶席も設けられています。
京都 ブログ 観光ガイド

お店によっては、舞妓ちゃんがお茶をたててくれます。
京都 ブログ 観光ガイド

| 京都観光コーディネーター | 京都 イベント | - | - |
四条通の歩道広がる
現在片側2車線の四条通(烏丸通〜川端通間、1・1キロ)の車道を片側1車線とし、
現行3・5メートルの歩道幅を4・2〜6・5メートルに拡幅するという計画。

今年11月の着工、来秋の完成を目指しています。

京都 ブログ 観光ガイド
出典MSN

イメージでは、御池通の歩道でしょうか。
あの位広くなれば、歩行者も通りやすいでしょう。

とにかく休日や観光シーズンは人が多くて歩きにくいので、
歩道の拡幅は大賛成ですね。

個人的には車道と歩道の間に、自転車専用レーンも設けてほしいですね。
現在、四条通は自転車の通行不可なので。(歩道を押していけばOK)

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ町並 | - | - |
2014年 晴明神社 神幸祭
9/23に晴明神社の神幸祭が行われました。
京都 ブログ 観光ガイド

神輿が町内を練り歩きます。
京都 ブログ 観光ガイド

京都 ブログ 観光ガイド

京都 ブログ 観光ガイド

五芒星は晴明神社の社紋で、神社では 桔梗印と呼んでおり、境内に桔梗が植えられています。
京都 ブログ 観光ガイド

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | - | - |
京都岡崎ハレ舞台
9月20・21日に京都岡崎で「京都岡崎ハレ舞台」が開催されました。

去年までは京都岡崎レッドカーペットだけだったんですが、
今年は規模が大きくなり、「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」、「京都岡崎レッドカーペット」、「岡崎ときあかり」が同時開催されました。

平安神宮へと向かう道にレッドカーペットが敷かれています。
京都 ブログ 観光ガイド

B級グルメイベントも開催。
京都 ブログ 観光ガイド

京都 ブログ 観光ガイド

パトレイバー 98式AVイングラム デッキアップ
京都 ブログ 観光ガイド

サイレン注意!!


この取り合わせは、京都ならでは。
京都 ブログ 観光ガイド

| 京都観光コーディネーター | 京都 イベント | - | - |
ドッグホテル 御囲い家 二条別邸
毎年たくさんの観光客が訪れる京都。

一度はワンちゃんと一緒に京都を散歩してみたいと考えている人も多いはず。
そんな京都好きにおススメなのが、御囲い家 二条別邸さん。

御囲い家 二条別邸ホームページ

京都 ブログ 観光ガイド

私も鴨川へ行くときに何度もここを通っていたけど、雑貨屋さんとばかり思っていました(笑)

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログお店 | - | - |
鱧しゃぶ会席  〜京都 ブログ 観光ガイド〜 
祇園下河原にある「祇園佐の」さんで鱧しゃぶ会席をいただきました。

「祇園佐の」ホームページ
京都 ブログ 観光ガイド

まずは前菜から。
京都 ブログ 観光ガイド

刺身盛合せ(鱧湯引き、鮪、鮑)
京都 ブログ 観光ガイド

ごま風味のうざく
京都 ブログ 観光ガイド

京生湯葉
京都 ブログ 観光ガイド

京湯葉の刺身
京都 ブログ 観光ガイド

煮物
京都 ブログ 観光ガイド

後、写真にはありませんが、てんぷらの盛合せも出ました。



いよいよ、メインの鱧しゃぶ。
ちょっと奮発して、韓国産の鱧にしてもらいました。
料理長に、なぜ韓国産の方が淡路島産などより高級でおいしいのか聞いてみましたが、
はっきりとしたことはわからないようです。

ただ、触った感覚や、さばいたときなどが全然他とは違うようです。

私も淡路産の鱧しゃぶを京都で食べたことがありますが、
この日食べた韓国産の方がおいしかったです。

上質な白身の味わいで、骨があるという舌触りが全くなく、もちろん生臭さもありません。
口の中でほろほろと、やわらかく身がほどけていくような感覚です。

ポン酢にくぐらせて食べると、しあわせな気分に浸れます。

ちなみに、ポン酢は「祇園佐の」さんの自家製です。

鱧自体も大事ですが、ポン酢もかなり重要です。
あまりすっぱ過ぎずコクがあり、鱧や豆腐を引き立てる主張しすぎないポン酢です。
なんか京都らしいなあ、と思ってしまいました。
京都 ブログ 観光ガイド

鱧の骨で取った出汁にくぐらせます。
出汁へ入れるといったん鱧が底へ沈み、10秒位して浮いてきたら食べごろです。
京都 ブログ 観光ガイド

野菜の盛合せ。特に豆腐が最高においしかった。
さすが京都という感じ。
京都 ブログ 観光ガイド


写真はありませんが、最後は雑炊で終わりです。
それまでの料理やビールでおなかがいっぱいになってしまって、
写真を撮り忘れてしまいました。

満足、満足の鱧しゃぶ会席でした。

| 京都観光コーディネーター | 京都 旅館 | - | - |
京都岡崎ハレ舞台  〜京都 ブログ 観光ガイド〜 
2014年9月20・21日、京都岡崎ハレ舞台が開催されます。

「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」、「京都岡崎レッドカーペット」、「岡崎ときあかり〜あかりとアートのプロムナード」が同時に開催されます。

「岡崎ときあかり〜あかりとアートのプロムナード」では、京都市美術館をスクリーンとしたプロジェクション・マッピングも行われます。

| 京都観光コーディネーター | 京都 イベント | - | - |
本法寺  〜京都 ブログ 観光ガイド〜
叡昌山と号し、日蓮宗本山の一つ。

1436年、本阿弥清信が日親上人を開基に請じて創建したのが起源といわれています。
京都 ブログ 観光ガイド

現在の堂宇は江戸時代後期に再建されたもので、本阿弥光悦作庭の「巴の庭」は有名。

本阿弥家の菩提寺であったため、光悦は多く書画・什器をよせています。

また、長谷川等伯筆の仏大涅槃図など絵画十点と本阿弥光悦筆の法華題目抄など書二点の
重要文化財を所蔵しています。

光悦翁手植之松
京都 ブログ 観光ガイド

本堂前には、長谷川等伯の像。
京都 ブログ 観光ガイド

多宝塔
京都 ブログ 観光ガイド

開山堂
京都 ブログ 観光ガイド

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | - | - |
茶の湯の香り 小川通  〜京都 ブログ 観光ガイド〜
2014年9月5日に書いた百々橋(どどばし)の礎石のある辺りから北を撮影。
京都 ブログ 観光ガイド

一本西には交通量の多い堀川通があり、周りも普通の京都の住宅街ですが
この辺りだけ浮き上がったように、しっとり落ち着いた雰囲気があります。


千利休居士遺構 不審庵(一般の人は入れません。)
京都 ブログ 観光ガイド

不審庵は「不審花開今日春」の禅語から採られたといわれています。
不審は「いぶかしい」という意味で、人智を超えた自然の偉大さ、
不思議さに感動する心と関係するようです。
京都 ブログ 観光ガイド

千宋旦居士遺構 今日庵
不審庵から50m位北にあり、不審庵の後庭に隠居所として建てられた茶席。
京都 ブログ 観光ガイド

千宋旦は千利休の孫で、武者小路千家、表千家、裏千家(三千家)の祖。

1578年(天正6年)、利休の後妻の連れ子だった少庵の子として生まれ、
10歳の頃に祖父利休の希望で大徳寺に渇食として預けられました。
家督争いを避けるために仏門に入れられたと言われています。

その後、千家再興が叶った折に還俗し、弟子らとともに利休流のわび茶の普及に努めました。

1600年(慶長5年)頃、少庵が隠居したのに伴い、家督を継ぎました。
祖父の利休が豊臣秀吉により自刃に追い込まれたことから政治との関わりを避け、
生涯仕官しなかったようです。
※居士の意味は、1学徳がありながら、官に仕えず民間にある人。

京都 ブログ 観光ガイド

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ町並 | - | - |
慶長天主堂跡  〜京都 ブログ 観光ガイド〜
京都市上京区油小路通元誓願寺頭町辺りに、慶長九年(1604)頃、
復興されたヤソ会の天主堂教会がありました。
京都 ブログ 観光ガイド

キリスト教の布教は、織田信長の保護のもとに本格化し、南蛮寺も建てられましたが、
天正十五年(1587)豊臣秀吉が宣教師追放令をしき、弾圧しました。

関ヶ原の合戦後、徳川政権が確立すると、再びキリスト教の布教が自由になり、
この辺りに新しい天主堂が復興されました。

しかし、慶長十七年(1612)徳川幕府はキリシタンの大弾圧を開始し、
天主堂も焼き払われてしまいました。

復興された慶長天主堂が建っていたのは、わずか十年足らずでした。
京都 ブログ 観光ガイド

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ 遺構 | - | - |
京都 北大路 ブラウニーブレッド&ベーグルズ
北大路烏丸東入ルにあるブラウニーブレッド&ベーグルズさん。
知り合いに、ベーグルがおいしいと教えてもらったので行ってみました。
京都 ブログ 観光ガイド

買ったのは限定商品トリプルチョコ(223円)、大納言クルミベーグル(204円)、
限定商品抹茶もち餡ベーグル(223円)の3種類。

ベーグルは横にカットしてハムやレタスをはさんで食べるイメージしかなかったので、
こんなに種類があるもんだとは知りませんでした。(他にも違う種類のベーグルが売っていた。)

トリプルチョコ
京都 ブログ 観光ガイド

思っていたよりずっしりとした重さで食べごたえがあります。
表面は弾力のある噛みごたえで、中はもちもち。
これぞベーグルの良さといったところ。

2つに割った瞬間に、チョコの香りが辺りに広がり期待感がわいてきます。
チョコを練りこんだ生地にチョコチップがちりばめられていて、
高級感のあるチョコの甘さが「ふわっと」口の中に広がります。
京都 ブログ 観光ガイド

大納言クルミベーグル
京都 ブログ 観光ガイド

写真では入っていることがわかりにくいけど、
まずクルミの歯ごたえがとてもいいベーグルです。
大納言が練りこまれているので程よい甘さがあり、
ゴマの風味との相性も良い一品です。
京都 ブログ 観光ガイド

抹茶もち餡ベーグル
京都 ブログ 観光ガイド

抹茶が生地に練りこまれていて、ただでさえもちもち感があるのに、
中にこれでもかとお餅が入っています。
あんこも入っているので洋ものだけど和菓子のような味わいがある京都ならではの一品です。
京都 ブログ 観光ガイド

3種類食べたけど、男の私でもそれぞれ食べごたえ感がありました。

だから最後の抹茶もち餡ベーグルは買ってから2日後に食べましたが、
電子レンジで少し温めると、最初のもちもち感が蘇りました。

3つの中では、最初に食べたトリプルチョコが一番おいしかったので
限定商品みたいだけど、レギュラーにしてもらいたいですね。

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログお店 | - | - |
百々橋(どどばし)の礎石  〜京都 ブログ 観光ガイド〜
この石は、応仁の乱の戦場として歴史に名をとどめる「百々橋」の礎石の一つです。
百々橋は現在の小川通寺之内(上京区百々町)にありました。
京都 ブログ 観光ガイド

百々橋は南北に流れていた小川に架かっていた橋(長さ約7.4m、幅約4m)で、
「中昔京師地図」にこのあたりが「百々ノ辻」と呼ばれていたことに由来しています。

応仁の乱の際、細川勝元と山名宗全の軍が、百々橋を隔てて数度にわたり合戦を行ったことで
歴史の一ページになりました。

昭和38年に小川が埋め立てられた際に橋も解体されたが、橋材は一時室町小学校で保管さた後、
その大部分を用い洛西ニュータウンの竹林公園内で復元されました。

残る四基の礎石の内一基は室町小学校の校庭に、
一基は百々橋がかつて架かっていたこの地に遺されました。


| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログその他 | - | - |
おばけの提灯  〜京都 ブログ 観光ガイド〜
東山の旅館の軒先。
何かと思えば・・・・!?
京都 ブログ 観光ガイド

おばけの提灯でした。
提灯には高台寺門前会と書いてあるので、高台寺で開催していた百鬼夜行展の関係でしょうか。
京都 ブログ 観光ガイド

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログその他 | - | - |