MENU
京都ブログガイド カテゴリー

大田神社 平安からのカキツバタと恋の願い

大田神社 カキツバタ / 京都ブログガイド

大田神社 カキツバタ

 

「 大田神社 カキツバタ 」

7世紀末にはすでに有力な神社で, 京都で最も歴史のある神社のひとつが, 「 上賀茂神社 」。

その上賀茂神社の摂社で, 上賀茂神社の一の鳥居から徒歩約8分のところにあるのが,『大田神社』。 初夏には, カキツバタが, 私たちの目を楽しませてくれます。

目次

大田神社 カキツバタ 案内

境内東側の池は「 大田の沢 」といって, 野生のカキツバタ約2万5千株が群生しています。

大田神社 カキツバタ / 京都ブログガイド

大田の沢の広さは, 約2000平方メートル ( だいたい45m×45m ) で, 5月上旬から中旬にかけて, 美しい濃い紫の花を見ることができます。

大田神社 カキツバタ / 京都ブログガイド

緩やかな風にもたなびくカキツバタの花びらは, 優しくもあり, 可憐でどことなく儚い。 そのはかなさを包み隠すような高貴で上品な濃い紫色が, ひときわ美しい。

大田神社 カキツバタ / 京都ブログガイド

「 神山や 大田の沢のかきつばた ふかきたのみは いろにみゆらむ 」

藤原俊成 ( ふじわらのしゅうぜい ) 平安時代後期~鎌倉時代前期の歌人

神山 ( こうやま : 上賀茂神社の祭神 賀茂分雷大神が降臨したとされる山 ) の近くにある大田神社のカキツバタに, 人々がよくお願いする恋事 ( いろ ) は, この花の色のように, なんと一途 ( 一色 ) で美しく可憐なのだろうか。

大田神社 カキツバタ / 京都ブログガイド

上の歌に詠まれている通り, 大田の沢のカキツバタは, 800年以上も前から, この地で自生してきて, 人々の恋の願いを聞いてきたみたい。

というのも, カキツバタの花言葉は, 「 幸せは必ず来る 」。 神社へお詣りするよりも, 大田の沢のカキツバタにお願いした方が良いかもしれませんね (^^)

大田神社 カキツバタ / 京都ブログガイド

参道の右手に「 大田の沢 」の入場口があって, カキツバタの育成協力金として300円必要。

この大田神社のカキツバタ群落は, 昭和十四年に国の天然記念物に指定されています。

カキツバタ, アヤメ, ハナショウブの違い

3種類ともアヤメ科アヤメ属なので, 似ているのは当然といえば当然。

花弁の模様

花弁で見分けるのが, 一番確実。

大田神社 カキツバタ / 京都ブログガイド

カキツバタは花弁の根元に「 白い線 」が入っています。

賀茂川の花菖蒲 / 京都ブログガイド

ハナショウブは花弁の根元に「 黄色の模様 」が入っています。 花自体が黄色だからわかりにくいけど。

アヤメ ( Wikipedia ) は花弁の根元が「 網目状の模様 」になっています。

※ちなみに, 菖蒲湯等に使われるショウブは, ショウブ科に分類される別種の植物。

生息場所

カキツバタは湿地帯, アヤメは乾いたところ, ハナショウブは乾燥地から水辺。 ハナショウブが, どちらにも生息するからややこしい。

大田神社 歴史

大田神社 / 京都ブログガイド

大田の沢横から続く本殿への参道の周りは木々の囲まれ, 一歩足を踏み入れると, 心地よいマイナスイオンと, 厳かな雰囲気に包まれてきます。

大田神社 / 京都ブログガイド

大田神社の創建は, 不明。 この辺りで 一番古い社と考えられています。 昔から農民に長寿福徳の神様として信仰されていたよう。

祭神の ( あめのうずめのみこと ) は, 天岩戸の前で神楽を舞った神様だから, 芸能上達を願って参拝する人が多いよう。 現在は, 上賀茂神社の摂社です。

北大路魯山人生誕地

北大路魯山人生誕の地 / 京都 ブログ ガイド

大田神社前に、北大路魯山人生誕地の碑があります。 北大路魯山人は, この上賀茂の地に生れました。 15才で当時流行していた「 一字書き 」で次々と受賞を重ね, 少年時代から非凡な才能を発揮。

明治三十七年 ( 21歳 ) , 日本美術展覧会に隷書( れいしょ )「 千字文 」を出品して, 一等賞を受賞しました。 その後は, 古美術や料理にも興味を持つようになったようです。

大正十四年 ( 42才 ) に, 東京で「 岡茶寮 」を開設して, 仕入れ, 調理等に卓越した技量を発揮し, 美食家としても世に名を知らしめました。

昭和二年 ( 44才 ) には, 星岡茶寮で使う器のために, 北鎌倉に「 星岡窯 」を築き, 本格的に作品を造り始め沢山の優れた器を残しました。

昭和三十年 ( 72才 ) に人間国宝に推されましたが, 固辞したように, 自身の名声には全く興味がなかったようです。 昭和三十四年 ( 1959 ) 12月 21日, 76才で横浜で亡くなり, 京都西賀茂の小谷墓地に葬られています。

賀茂川の花菖蒲と菜の花

賀茂川の花菖蒲 / 京都ブログガイド

自転車での帰り道。 御園橋辺りから賀茂川の西岸を出町柳を目指していると, ちょっと良いことが。 賀茂川に流れの段差があるところの岸辺に, 花菖蒲が群生していました。

賀茂川の花菖蒲 / 京都ブログガイド

水辺に自生するのは,カキツバタか花菖蒲。 近くで黄色の花弁を見ると,白い線は入っていないから, 「 花菖蒲 」。

今, カキツバタを堪能したばかりで, 花菖蒲も見られるとは, それも賀茂川の自然の中で。

賀茂川の菜の花 / 京都ブログガイド

賀茂川沿いでは, 中洲や岸辺で菜の花も群生。

大田神社 アクセス

市バス「上賀茂神社前 ( 青マーク ) 」バス停から東へ徒歩約8分。 大田神社境内東側の池が, カキツバタ咲き誇る「 大田の沢 」。

所在地 京都府 京都市 北区 上賀茂本山 340
上ル 下ル 西入 東入について
電話 075 - 781 - 0011 ( 上賀茂神社 )
拝観時間 大田神社の参拝は自由 カキツバタ育成協力金 300円 / 人

上賀茂神社前バス停へ

JR京都駅から

京都駅前バスターミナル ( JR中央口前 ) から

JR京都駅の中央口 ( 京都タワー側 ) の前にあるのが, 京都駅前バスターミナル ( pdf )。

赤マーク乗場 左からA1, A2, A3
緑マーク乗場 左からB1, B2, B3
橙マーク乗場 左からC4, C1, C5, C6
紫マーク乗場 下からD2, D3
A2乗場(赤の真ん中) 4号系統 四条河原町・下鴨神社・上賀茂神社 行き
下車 上賀茂神社前バス停下車, 徒歩約8分で, 「大田神社」

四条河原町から

四条河原町バス停 ( pdf ) は, A~Hの合計8か所あります。 行先によって乗車する停留所は違います。

A乗場 : 青 / B乗場 : 緑 / C乗場 : 赤 / D乗場 : 紫 / E乗場 : 橙 / F乗場 : 茶 / G乗場 : 黄 / H乗場 : 黒
D乗場(紫) 46号系統 佛教大学 今宮神社 上賀茂神社・西賀茂車庫 行き
F乗場(茶) 4号系統 出町柳駅・下鴨神社・上賀茂神社・西賀茂車庫 行き
下車 上賀茂神社前バス停下車, 徒歩約8分で, 「大田神社」

四条烏丸 ( 地下鉄四条駅 ) から

四条烏丸バス停は, A~Gの合計7か所あります。 行先によって乗車する停留所は違います。

A乗場 : 青 / B乗場 : 緑 / C乗場 : 赤 / D乗場 : 紫 / E乗場 : 橙 / F乗場 : 茶 / G乗場 : 黄
D乗場(紫) 46号系統 佛教大学 今宮神社 上賀茂神社・西賀茂車庫 行き
下車 上賀茂神社前バス停下車, 徒歩約8分で, 「大田神社」

※ 京都市バスの掲載内容は, 京都市バス時刻表でご確認ください。 万が一, 間違っていたとしても, 責任は負いかねます。 予めご了承ください。

大田神社 近くの観光スポット

上賀茂神社 ( 賀茂分雷神社 )

大田神社から徒歩約8分にあるのが, 「 上賀茂神社 」。

上賀茂神社 は, ユネスコ世界遺産に登録されています。 正式名称は, 賀茂別雷神社 ( かもわけいかづちじんじゃ ) 。 京都三大祭の一つ葵祭 ( 賀茂祭 ) で有名。

上賀茂神社の歴史は古く, はっきりとした創建は判っていないけど, 7世紀末には, すでに有力な神社となっていて, その当時, この辺りを支配していた賀茂氏の氏神を祀っていました。平安京遷都以降は, 国家を護る神社として朝廷から崇敬されました。

御土居

大田神社から徒歩約13分にあるのが, 「 御土居 」。 加茂川中学校の北側にあります。

御土居とは, 豊臣秀吉が天下統一した後に, 応仁の乱から続いた戦乱で荒れ果てた京都の都市整備の一環として, 外敵の防御 & 水害対策のために建設された土塁のこと。

大田神社 カキツバタ まとめ

大田神社 カキツバタ / 京都ブログガイド

以前来たときは, 見頃が過ぎた時だったから ,今回, 一番良い頃に訪れることができて, 本当に良かった。

この美しい風景が平安時代から続いていると思うと, 何か信じられない気持ちもしますね。

ちょっと, 中心部からは遠いけど, 平安の昔からの美しいカキツバタを楽しみがてら, 恋のお願いもしてみてはどうでしょう (^^)

京都 神社仏閣 関連リンク

今度京都へ来るときの参考に

※ 参拝時間 ・ 受付時間 ・ カキツバタ育成協力金等は変更されることがありますので, 神社にご確認ください。 万が一, 間違っていたとしても, 責任は負いかねます。 予めご了承ください。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次