京都 ブログ ガイド

京都 ブログ ガイド

京都を旅行したとき知りたい京都 観光 ガイドや旅館・ホテル、
仕事で京都市を移動中に見つけた京都 旅行・観光におすすめな
お店や神社仏閣等を紹介している京都 観光 ガイドのブログです。
<< November 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS

PROFILE
SEARCH

2007年紅葉 永観堂
南禅寺から永観堂へ向かいました。

京都 観光旅行めぐり

紅葉といえば永観堂といわれるくらい、京都できれいなスポットの中のひとつです。
当日もたくさんの人出でした。

せこいんですけど、わざわざ拝観料を払って中に入らなくても、十分紅葉を楽しめます(^^)

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
2007年紅葉 南禅寺
京都市営地下鉄『蹴上』駅から、徒歩5分でいけますので、アクセスも良く、手軽に紅葉を楽しめます。

京都 観光旅行めぐり

現在は、三門の一般公開もしているので、石川五右衛門も見た?という眺めを見てみるのもいいかも。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

三門の南側には、琵琶湖疎水が流れる水路橋があり、紅葉と相まって趣があります。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
2007年紅葉 哲学の道
哲学の道を南側から入り、叶匠寿庵を過ぎた辺りが紅葉ポイントのひとつです。

京都 観光旅行めぐり

そこからすぐ北へ行ったところに、白塀の内側から伸びているカエデがあります。

京都 観光旅行めぐり

毎年すばらしい色づきをする一本です。道行く人も「わー、きれい」「すごい色やなあ。」
などと言いながら立ち止まり写真を撮って行きます。

京都 観光旅行めぐり


水路に垂れている枝の色づきが、まだ少し足りませんが、木の上のほうでは
葉先は赤く、幹に近づくにつれ黄色になっていて、そのグラデーションがめっちゃきれいです。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
2007年紅葉見頃 円山公園
平日の昼前というのに、大阪から京都へ行く電車は満員で、人、

そんな中、円山公園へ行って来ました。
ちょっと前の寒い日がきいたのか、今がちょうど見頃です。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


真っ赤な紅葉もいいんですが、黄色が混ざったのも風情がありますねえ。

京都 観光旅行めぐり


公園内にある坂本竜馬と中岡慎太郎の銅像もバックの紅葉で、より引き立ちます。

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
2007年秋 嵐山2 渡月橋辺りからの眺め
法輪寺から、渡月橋へ向かいました。
嵐山もやっと色づいてきたので、良い風情ですね。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
2007年秋 嵐山1 法輪寺
最近、やっと寒くなってきたので、嵐山へ紅葉を見に行ってきました。

阪急嵐山駅から、人の流れとは別の方向へ。まず、法輪寺へ向かいます。
法輪寺は、観光ルートから少し外れているためか、観光客も少ないのがいいですね。
>>法輪寺の場所はこちら

十三まいりでも有名です。地元の人には親しみを込めて虚空蔵(こくぞう)さんと呼ばれています。

京都 観光旅行めぐり

法輪寺にも、清水寺のような舞台があり、嵐山から京都市内が一望できます。
この時期は、紅葉がきれいなので特に、おすすめです。

京都 観光旅行めぐり

舞台からの眺め
京都 観光旅行めぐり

舞台の下から、渡月橋方面へ向ける道があり、ここが 結構 紅葉の穴場です。
今日はまだ、3〜5分の紅葉でしたが、最盛期はきれいだと思います。

この小道を降りていくと渡月橋
京都 観光旅行めぐり

小道の途中に、もみじがあります。
京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
鞍馬5 鞍馬寺本殿
仁王門から鞍馬山を登ること30分くらいでしょうか。
長い階段の登ってやっと本殿に着きました。おじさんもお疲れ気味。
京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


かなり登った分、眺めは良かったですね。紅葉が進めば尚、いいでしょう。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
鞍馬4 義経公供養塔
仁王門すぐ上のケーブルカーを使わずに、徒歩で本殿へと向かいました。

由岐神社の手前に、『鬼一法眼社』があります。
鬼一法眼は、牛若丸に六韜三略の兵法を授けた武道の達人といわれ、
武道の上達を祈願に来る人が多い。

横にある崖の上の祠の先から水が滝のように流れ出しています。
京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


由岐神社から少し登ると、『義経公供養塔』があります。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
鞍馬3 由岐神社
天慶三年(940年)天下泰平・万民の守護神・都北方の鎮めとして、朱雀天皇の詔により、
御所に祀られていた由岐大明神が現在の地に移されました。

その様子を伝えたのが有名な『鞍馬の火祭』です。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

医薬の祖神であり、そのほかに病気平癒・縁結び・安産・厄除・火難除の神様として
信仰をあつめています。

境内にある『大杉社』
なんと、樹齢八百年で、高さが53Mです。

中央に見えるのが、『大杉社』です。
京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
鞍馬2 仁王門辺り
叡電鞍馬駅を降りて、すぐ仁王門があります。

京都 観光旅行めぐり

この仁王門が鞍馬寺の入り口となっています。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

鞍馬寺は、本殿・不動堂・多宝塔などが鞍馬山全体に散在しています。

鞍馬山は、古来『枕草子』にも登場し、牛若丸とのゆかりも深く、山内には千二百年の歴史を物語る
由緒深い史跡が散在しています。

京都 観光旅行めぐり

ケーブルカー乗り場付近から、仁王門を望む。

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
鞍馬1 色づき始め
京都市内中心部はまだまだ紅葉には早いので、鞍馬へ行って来ました。

出町柳駅から、叡電で鞍馬へ。

運良く、叡電自慢の『きらら』という、車窓から風景&紅葉を見るのにぴったりの車両に乗りました。

窓と平行に並んだいすに座ると、眺めはパノラマです。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

窓が大きく、開放感のある車体

京都 観光旅行めぐり

もし、紅葉最盛期に鞍馬へ行くのなら、絶対『きらら』がお薦めです。

>>『きらら』の発車時刻表はこちら

特に、市原駅〜二ノ瀬駅の間は眺めがすばらしい。
下の期間中、夜はライトアップされ、さらに、!!

京都 観光旅行めぐり

鞍馬に到着

京都 観光旅行めぐり


まずは、天狗がお出迎え。

京都 観光旅行めぐり


だいぶ山の方になるので、紅葉してると思ったのですが・・・・。
中には紅葉しているものもありましたがまだ色づき始め、これが全山紅葉したら、「めっちゃきれいやナ。」
と思いながら歩いていました。


 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
今日の京都御所
今日、近畿地方の朝方は、少し寒かったんですが、日中はめっちゃ暖かかったです。

仕事が京都御所の近くであったので、ちょっと寄ってみました。

やはり、まだ紅葉には早いですね。今週末位から寒くなるようなので、見ごろは来週辺りでしょうか。

京都 観光旅行めぐり


地面に近いところは色づいていますが、上のほうはまだ青々としています。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
六道珍皇寺
地元の人には『六道さん』と呼ばれています。

大椿山と号し、臨済宗建仁寺派に属する。 >>六道珍皇寺の場所はこちら

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


鳥部氏の氏寺とも、空海の師である慶俊僧都が創設したものともいわれている。

南北朝時代に建仁寺の僧、良聡によって再興改宗され、現在にいたっています。

俗に、六道の辻と呼ばれる境内一帯は、8/7〜8/10まで『六道詣り』という、精霊迎えのため多くの参拝者で賑わいます。

この期間、松原通は多くの出店が立ち、夜遅くまで賑わい、霊を現世に呼び戻すという『迎え鐘』が響き渡ります。

迎え鐘
京都 観光旅行めぐり

閻魔堂 木造の閻魔大王が祀られています。

京都 観光旅行めぐり


【冥土通いの井戸】
平安の昔、閻魔大王に仕えていた小野篁(たかむら)が現世と冥界の間を行き来するのに使ったといわれています。

京都 観光旅行めぐり

その帰路には、出口として大覚寺の南にあった福生寺の井戸が使われたともいわれ、実際、大覚寺の南西には、六道町という地名が残っています。

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
六波羅蜜寺
急に寒くなってきました。これできれいな紅葉になるといいんが・・・・。

吉川英治の『私本太平記』を読んでいて、度々六波羅探題が出てきたので、行ってみました。

実際に六波羅探題があったのは、洛東中(六波羅蜜寺の南東)辺りで、碑があるようです。
今回は行けませんでした。


真言宗智山派の寺院で、踊り念仏で知られる空也が鴨川の東側に西光寺として建てたのが
始まりとされています。
江戸時代までは大伽藍だったそうですが、明治維新時大幅に縮小してしまったらしい。
>>六波羅蜜寺の場所はこちら

京都 観光旅行めぐり


境内には、平清盛の墓があります。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
松原通(六波羅辺り)
轆轤(ろくろ)町の辺りを『六道の辻』といい、冥界とこの世の接点に当たるといわれています。
>>場所はこちら

その昔、この辺りは鳥辺(部)と呼ばれ、風葬をしていたそうです。
そのため、おびただしい人骨が出土したことから、初めは髑髏(どくろ)町と呼ばれていました。

江戸時代になって、この付近に多くの陶芸職人が住んでいたことから、轆轤町と改められました。
髑髏町には、あまり住みたくないですよね(^^)


松原通、六道の辻から東を望む

京都 観光旅行めぐり


柳田愛美香さんの店先に、六波羅散策のパンフレットがあります。めっちゃ参考になります。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


その昔、女性の幽霊が生きている自分の子供を育てるために毎晩飴を買いに行ったという
言い伝えがあるそうです。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
豊国神社
京都国立博物館の北へすぐのところにあります。
>>豊国神社の場所はこちら

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

ちょうど、11月8日には『豊国ほうこく』さんとして出店が出ていました。

京都 観光旅行めぐり

千成ひょうたんには有名人や歌舞伎役者なども名前の見られます。

京都 観光旅行めぐり


 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
トワイライトエクスプレス
大阪駅を正午ちょうどに出発し、翌朝札幌に到着する豪華寝台特急です。
一度は、この列車に乗って、札幌に行ってみたいと思っています。

京都 観光旅行めぐり


京都には、12時30分位到着でしょうか。ちょうど烏丸口の改札を出ようとしているときに入ってきました。

京都 観光旅行めぐり


 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログその他 | comments(0) | - |
2007年 ライトアップ情報
11月に入り、京都もいよいよ紅葉のシーズンになって来ました。

紅葉にはまだ早いですが、ライトアップしている寺社もありますんで
行ってみてはいかがでしょうか?

清水寺 11月15日〜12月9日まで

高台寺 10月26日〜12月9日まで

知恩院 11月10日〜12月2日まで

圓徳院 10月26日〜12月9日まで

貴船もみじ灯籠 11月10日〜11月25日まで

紅葉の時期は過ぎていますが・・・。
嵐山花灯路 12月8日〜12月17日まで

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログその他 | comments(0) | - |
大阪会議開催の地
明治8年、伊藤博文・井上馨の斡旋で、大久保利通・木戸孝允・板垣退助らが大阪北浜の料亭に会し、
政治の改革を論議検討し、国立憲法体の基礎を確立したのが、世に云う大阪会議と言われるものです。

京都 観光旅行めぐり
>>大阪会議開催の地の場所はこちら

それ以来、この料亭は『花外楼』と命名され、現在も営まれています。

京都 観光旅行めぐり

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都以外 | comments(0) | - |