摩利支尊天堂 ” かげろう ” の神様

摩利支尊天堂 / 京都 ブログガイド

摩利支尊天堂

 

「 摩利支尊天堂 」

京都えびす神社少し下がったところ、大和大路通松原上ルにあります。

摩利支尊天堂 / 京都 ブログガイド

入口に掲げられている提灯に「 開運 」 & 「 勝利 」と書いてあるので、お詣りしたくなりますね。

摩利支尊天堂

摩利支尊天堂 / 京都 ブログガイド

大鑑禅師が、中国より持ってきた” 摩利支天 ” を祀っています。

天文の兵火で焼失しましたが天文十六年( 1547 )、織田信長の父、 信秀が再建しました。

明治8年、 平成7年に屋根部分の大改修が加えられ、現在に至っています。

摩利支天とは

摩利支尊天堂 / 京都 ブログガイド

摩利支天は、” 陽炎( かげろう )” を神格化したもの。古代インドの神が、「 天 」と訳されて仏教に取入れられました。

摩利支天の他にも、 毘沙門天や弁財天などがあります。

陽炎は、 ゆらゆらと揺らめく幻なので、実体がなく、捕えることができない。ということから、

日本では、多くの武士が守護神として信仰しました。楠木正成は、兜の中に摩利支天の小さな像を入れて戦に臨んでいたそうです。

また、 立花道雪や毛利元就は、摩利支天の旗を用いていました。

他にも、山本勘助、 前田利家や立花宗茂も摩利支天を信仰していたといわれています。

摩利支天と猪

猪 / 京都 ブログガイド

摩利支天は、 猪を従者としていることから、亥年生まれの守護神”としても知られ、境内にもたくさんの猪がいます。

ちなみに、 護王神社 も、亥年生まれの守護神として知られています。

禅居庵

禅居庵の境内に、摩利支天が祀られています。現在は摩利支尊天堂のみ一般公開されています。

禅居庵は、 建仁寺の塔頭で、鎌倉時代後期に、 中国の元から来た大鑑清拙正澄禅師(だいかんせいせつしょうちょうぜんし)を初代住職として、※ 小笠原貞宗が創建しました。

※ 鎌倉時代後期から室町時代前期の武将。 信濃小笠原氏の当主。

寺と院 呼び方の違い, ちょっと意外。

禅居庵ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 東山区 大和大路通四条下る 4丁目 小松町 146

電話 : 075 – 561 – 5556

拝観時間 : 午前 9時 ~ 午後 5時 年中無休 参拝自由

上ル下ル西入東入について

※ 拝観時間 ・ 拝観料等は変更されることがありますので、 寺院にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA