建勲神社 ( たけいさお )織田信長が、ご祭神。

建勲神社4 / 京都 ブログガイド

 

建勲神社

 

建勲神社は、

織田信長を祀る神社で、

 

地元の人には

通称「 けんくん 」さんと

呼ばれています。

 

織田信長が、ご祭神。

 

建勲神社1 / 京都 ブログガイド

 

船岡山の東の麓にあります。

 

建勲神社2 / 京都 ブログガイド

 

船岡山は、

平安京の正中線の北方への

延長線上に位置し、

平安京の玄武( 北の神 )として

造営の基準点にされたという場所です。

 

本能寺の変( 1582 )の後、 豊臣秀吉が

正親町( おおぎまち )天皇の勅許を受けて、

主君である信長の廟所と定めています。

 

建勲神社3 / 京都 ブログガイド

 

建勲神社の境内から東への眺め。

遠く比叡山も望むことができます。

 

建勲神社5 / 京都 ブログガイド

 

春は、境内の桜が咲き、

目の前に美しい風景が広がります。

 

建勲神社6 / 京都 ブログガイド

 

手水舎にも

織田家の家紋が彫られています。

 

織田信長

尾張国(現在の愛知県)で生まれた戦国大名。

家督を継ぐまでの若いころは、

奇抜な行いや服装をしたりして

周りから「うつけ者」と陰口をたたかれていました。

 

永禄3年(1560)の桶狭間の戦いでは、

情報収集を駆使して、

油断していた今川義元を奇襲で討ち取りました。

 

その後は、美濃を攻略し、

近江の浅井氏との婚姻などを経て、

京の都への道筋を確保し、※足利義昭を将軍職にするため、

永禄十一年( 1568 )、京都への進出を果たします。

※室町幕府第十五代将軍

 

その後、領土を拡げて行き、

羽柴秀吉の求めに応じ、

中国地方攻略の総仕上げをするために、

自らが出陣することとなり、

向かう途中で京都 本能寺に泊まることになりました。

 

そして、天正10年6月2日( 1582 )、

家臣の 明智光秀 の謀反によって

亡くなってしまいました。

 

建勲神社7 / 京都 ブログガイド

 

武勲神社は、

織田信長着用の

紺糸威堂丸( こんいとおどしどうまる )、

 

桶狭間の合戦で

信長が戦利品として持ち帰った

義元左文字( よしもとさもんじ )とされる太刀、

 

太田牛一自筆本の

「 信長公記( しんちょうこうき ) 」などの

重要文化財のほか、

織田信長ゆかりの宝物を多数保有しています。

 

建勲神社8 / 京都 ブログガイド

 

十月十九日の船岡祭は、

祭神・織田信長が、

永禄十一年( 1568 )に

初めて京都に入洛した日を

記念したものです。

 

建勲神社ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 北区 紫野北舟岡町 49

電話 : 075 – 451 – 0170

受付時間 : 9 : 00 ~ 17 : 00




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA