仲源寺 目疾地蔵 (めやみじぞう)眼病にご利益。

仲源寺 目疾地蔵 1/京都 ブログ ガイド

仲源寺 目疾地蔵 (めやみじぞう)

 

「 仲源寺 目疾地蔵 」

四条通りに面しており、八坂神社、 円山公園、 高台寺、 清水寺などの京都 東山観光へ行くときには、必ずといっていいほど通る場所。

土産物屋さんが一杯あるところなので何気なく歩いていると、 気づかず、お線香の香りがするなあ、 と思っていたら、通り過ぎてしまっているかもしれません。

事実、 私がそうでした( 笑 )

目疾地蔵 の名前の由来

仲源寺 目疾地蔵 2/京都 ブログ ガイド

目疾地蔵の名前の由来は、安貞二年( 1228 )の鴨川氾濫の時、鴨川の上流から濁流にのまれ、人々が流されてきたんですが、鴨川の中州の茂みに引っかかってたくさんの人が助かったそうです。

水が引いた後に調べてみるとその場所に地蔵菩薩があったそう。

それ以降、その地蔵菩薩を「 雨止 ( あめやみ ) 地蔵 」といい、人々に崇められるようになりました。

その後、目を患っていた老夫婦が、雨止 ( あめやみ ) 地蔵を深く信仰していたところ、いつの間にかその夫婦の眼病が治ったそうです。

そのことから ” あめやみ ”  が  ” めやみ ” になり、目疾地蔵と呼ばれるようになりました。

本堂に安置されているとても大きな地蔵様の右目が、なぜか赤くなっています。

人々の目の病を引き受けて赤くなっているのだといわれています。

現在も、眼病治療にご利益があるとして広く信仰されています。

仲源寺の名前の由来

また、仲源寺の名前の由来は、勢多判官 中原為兼( せたのはんがんなかはらためかね )が、鴨川の河川管理担当になった時のことです。

前出の鴨川氾濫の時に、お地蔵様がおられた茂みのおかげで多くの人が助かった、 ということから「 中原 」の漢字に、

” 人 ” と ” 水 ”を付け足して、「仲源寺」としました。

仲源寺について

仲源寺( 目疾めやみ地蔵 )は、※ 浄土宗に属する寺院 で、一般に「 目疾地蔵 」と呼ばれています。

※ 法然を宗祖とし、鎌倉仏教のひとつ。 本尊は阿弥陀如来。

平安時代の治安二年( 1022 )に、仏師定朝( じょうちょう )が四条橋の東北に地蔵菩薩を祀ったことに由来します。

本堂の右目が赤い地蔵尊像の傍らには室町時代の作といわれる「 山越阿弥陀像 」が祀られています。

また、観音堂には平安後期の春日仏師の作とされる木造の先手観音座像が安置されています。

寺と院 呼び方の違い, ちょっと意外。

仲源寺

住所:京都市東山区祇園町南側585-1

電話:075-561-1273

拝観時間:7:00~20:00

上ル下ル西入東入について

※ 拝観時間 ・ 拝観料等は変更されることがありますので、 寺院にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。

当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報, サービス等について一切の責任を負いません。
また当サイトのコンテンツ・情報について, できる限り正確な情報を提供するように努めていますが, 正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもあります。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA