金戒光明寺 桜 2021 初めてだけど、めっちゃ綺麗!

金戒光明寺 桜 / 京都ブログガイド

金戒光明寺 桜 2021

 

「 金戒光明寺 桜 2021 」

平安神宮の北東にある真如堂の桜が想像以上に良かった。 じっくり桜を堪能した後で, 真如堂の裏手から自然な流れで光明寺へ。

桜は初めてだけど, 秋にに訪れた時に, 「 山門辺りに桜の木があったなー。 」って思い出しながら, 期待に胸をふくらませて歩いていました。

金戒光明寺 桜 2021

山門

金戒光明寺山門 / 京都ブログガイド

やっぱり凄かった ! ! 来てよかった。 何でもっと早く春の金戒光明寺へ来なかったのか後悔したくらい綺麗かった。

金戒光明寺 桜 / 京都ブログガイド

この山門は, 江戸幕府の命令によって, 文政十一年 ( 1828 ) に再建に取りかかり, 萬延元年 ( 1860 ) に完成しました。 山門楼内には, 等身座像の釈迦三尊 ( 釈迦 ・ 文殊 ・ 普賢 ) と十六羅漢の像が安置されています。

参道の階段

金戒光明寺山門 / 京都ブログガイド

階段上から山門を望む。

金戒光明寺 桜 / 京都ブログガイド 金戒光明寺 桜 / 京都ブログガイド

鐘楼下の階段横にも染井吉野。

桜と飛行機雲 / 京都ブログガイド

ちょうど空を見上げると, 白い二筋の線。

青空と桜と飛行機雲。 最高に好きな組み合わせ。 めっちゃ得した気持ちになる ! !

御影堂

金戒光明寺御影堂 / 京都ブログガイド

山門をくぐり抜けて, 石畳の階段を昇ると正面に見えてくるのが, 御影堂。

阿弥陀堂

金戒光明寺 桜 / 京都ブログガイド

阿弥陀堂の左右にも染井吉野が植えられています。

金戒光明寺 桜 / 京都ブログガイド

光明寺の中で一番古い建物で, 慶長十年 ( 1605 ) に豊臣秀頼によって再建。

本尊は, ※恵心僧都源信の最終作と伝えられている阿弥陀像がお祀りされています。 源信が, 仏像彫刻をやめるときにのみを納めたことから「 のみおさめの如来 」とか,「 お止めの如来 」といわれています。
※ 平安時代中期の天台宗の僧。 恵心僧都 ( えしんそうず ) と尊称される。

金戒光明寺 桜 / 京都ブログガイド

阿弥陀堂の裏にも染井吉野。

文殊塔 ( 三重塔 ) へと続く階段

金戒光明寺 桜 / 京都ブログガイド

この階段の登り口辺りの両側にも染井吉野が植えられています。 この辺りも綺麗です。

五劫思惟阿弥陀仏 ( ごこうしゆいあみだぶつ )

そこには, その髪型で一躍有名になった五劫思惟阿弥陀仏 ( ごこうしゆいあみだぶつ ) が鎮座。 通称は, アフロ地蔵 ( アフロ阿弥陀 ) 。

五劫思惟阿弥陀仏 ( ごこうしゆいあみだぶつ ) / 京都ブログガイド

んー, ホントに見事な髪型ですね (^^) めっちゃ重たそう (笑)

そうなんです。つながってます。自然な流れで金戒光明寺の桜を楽しみながら真如堂の本堂裏へと廻れます。もちろん、金戒光明寺の桜を観終えた後で、御影堂の前から真如堂の総門へと通常のルートをたどってもいいけど、ここは何度か来たことがある人しか知らない行き方で行ってみてはどうでしょう(^^) 私も初めて金戒光明寺と真如堂の本堂裏がつながっているのを知った時は、めっちゃ嬉しい発見でした!! 地図の下高麗門からピンクのラインをたどっていきます。金戒光明寺の桜を観ながら気が付けば真如堂の本堂裏についていることでしょう。 途中、文殊塔(三重塔)辺りから眺める光景は、めっちゃ綺麗です。京都市街地が一望できます。

五劫思惟阿弥陀仏を過ぎて, さらに階段を登って振り返ると, 登り口辺りの桜が綺麗に見下ろせます。

金戒光明寺 桜 / 京都ブログガイド

さらに登って, 文殊塔 ( 三重塔 ) の手前辺りからの眺め。 手前に見えるのが, 金戒光明寺の山門。 ここまで登ってきたご褒美の景色。 京都市街地が一望できる絶景です。 春は桜があって綺麗だけど, ちょっとかすみががってる。

秋の眺めはさらに絶景。 写真では伝わりにくいけど, めちゃめちゃ爽やかで綺麗です ! ! ! !

2020年11月撮影

京都市街地はもちろん, 遠く西の山々も見渡せます。 

金戒光明寺について

金戒光明寺御影堂 / 京都ブログガイド

幕末に京都守護職 会津藩 松平容保 ( かたもり ) の本陣が置かれていました。 そして, 京都守護職御預かりだった「 新選組 」の生まれたのも, ここ金戒光明寺。

京都 新選組 観光

地元の人には「 黒谷 」さんと呼ばれて親しまれています。

ちょこっと情報

金戒光明寺と真如堂はつながってる ? !

そうなんです。 つながってます。 自然な流れで金戒光明寺の桜を楽しみながら真如堂の本堂裏へと廻れます。 もちろん, 金戒光明寺の桜を観終えた後で, 御影堂の前から真如堂の総門へと通常のルートをたどっていってもOK。 ただ, ここは何度か来たことのある人しか知らないルートで行ってみてはどうでしょう (^^)

文殊塔 ( 三重塔 ) の先にはお墓しかないから, ここまで来たとしても, なかなか先へは行きにくい雰囲気になっているんです。 私も初めて金戒光明寺と真如堂の本堂裏がつながっているのを知った時, 何かめっちゃ嬉しかったのを覚えています ! !

地図の左下 高麗門からピンクのラインをたどっていきます。 金戒光明寺の桜を楽しみながら気が付けば真如堂の本堂裏についていることでしょう。

途中, 文殊塔 ( 三重塔 ) 辺りから眺める光景は, めっちゃ綺麗。 京都市街地が一望できます。

金戒光明寺 アクセス

花手水舎 / 京都ブログガイド

・京都市バス 32 ・ 100 ・ 203 ・ 204系統に乗車。 「 岡崎道 」バス停下車, 金戒光明寺の高麗門まで徒歩約5分。
岡崎道 」バス停に停まるバスの系統

・京都市バス 5系統に乗車。「 東天王町 」バス停下車, 金戒光明寺の山門まで徒歩約10分。
東天王町 」バス停に停まるバスの系統

訪問する都合でどちらのバス停を利用してもOKだけど, 上で紹介したルートで廻ろうと思ったら, 「 岡崎道 」バス停の方が近くて便利です。

近くの桜スポット

真如堂 ・ 吒枳尼天 ( だきにてん 法伝寺 )

金戒光明寺から徒歩約5分の真如堂。 紅葉はとても有名だけど, 桜もいけます。 三重塔や本堂の周り染井吉野が植えられています。 そして, 忘れてならないのが, 参道横にある吒枳尼天。 メインの真如堂より印象的 (笑)

近くの観光スポット

岡崎神社

金戒光明寺から徒歩約3分にある岡崎神社

延暦十三年 ( 794 ) , 桓武天皇の平安京遷都の際に王城守護のために, 平安京の四方に建立された社のひとつとされています。 都の東方に鎮座することから「 東天王 」といわれました。 今でも, 岡崎神社のあるところは, 「 東天王町 」 と呼ばれています。

平安京 千年の礎を築いた古の都とは?

岡崎神社は古くから, 多産のうさぎが氏神の使いとされていました。 だから, 境内には, 本殿や本殿前の狛うさぎ, 手水舎など, いたるところにウサギがいっぱい !

金戒光明寺 桜 まとめ

金戒光明寺 桜 / 京都ブログガイド

金戒光明寺の桜も想像以上。 真如堂よりも !

秋は何度も来たことがあったけど, これ程, 桜が綺麗だったとは。 紅葉よりも桜。 今回来て本当に良かった (^^)

秋は, 紅葉が素晴らしい真如堂と一緒に観て廻ることが多いから, 光明寺も観光客多め。 桜は他にもいっぱい綺麗なスポットがあるから, 私のようにノーマークの人間が観に行かなかったり, 公共交通機関は市バスの停留所が最寄りで, 少しアクセスが良くないために, 他の桜スポットに比べて人が少ないのかも。

でも, 金戒光明寺の桜は綺麗 ! ! もったいないから, 是非, 観に行ってください (笑)

金戒光明寺ホームページ

所在地京都市 左京区 黒谷町 121
電話0 7 5 - 7 7 1 - 2 2 0 4

※ 拝観時間 ・ 拝観料等は変更されることがありますので, 寺院にご確認ください。 万が一, 間違っていたとしても, 責任は負いかねます。 予めご了承ください。

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA