京都 観光・旅行 2021 京都 歳時記

平安京 模型

京都 観光・旅行 2021 京都 歳時記

 

「 京都 観光・旅行 2021 」

京都でのふとした日常や四季の移ろい, イベント ・ 観光 ・ 旅行関連で, ちょっと気になった事などをアップしていこうと思います。

平安京 最大の荘園遺構発見

発掘された平安京最大園の荘園に関わる遺構(京都市右京区・西院小)

京都市右京区 西院 ( さいいん ) 小学校 ( 写真 : 京都新聞 2021年6月15日 17:00 )

京都市右京区にある西院小学校の新校舎建設に伴う調査で, 平安京 最大の荘園である「 小泉庄 ( こいずみのしょう ) 」関係の建物跡が確認されました。 平安京関連の施設はほとんど残っておらず, 往時を知る貴重な発見。

平安京とは, どんな都で, なぜ京都に遷都?

また, 主要な道だった幅24Mの「 道祖 ( さい ) 大路 」 ( 現在の春日通, 別名 佐井通 ) を削って造った, 排水用の道祖川の1部も新たに発見されました。

平安京最大の荘園「小泉庄」の建物跡発見 大路削り最大級の人工河川も 京都新聞 : 2021年6月15日 17:00

今回発掘調査が行われた西院小学校がある ” 西院 ( さいいん ) ” という地名は, 昔は, 西院と書いて「 さい 」と読んでいました。 近くにある嵐電の西院 ( さい ) 駅と阪急の西院 ( さいいん ) 駅で読み方が違います。 前者の方が古く, 後者の方が新しい。

そして, この西院の地名の由来は, 『 賽の河原 』からきているといわれています。 ※ 諸説あり

西院 読み方の由来は「賽の河原」

※ 京都新聞サイト内のページは, 公開期限を設けていたり, 予告なく削除したりする場合があり, リンク切れになることがありますのでご了承ください。

祇園祭 鷹山 約200年ぶりの復活 ! !

京都新聞 鷹山お披露目 / 京都ブログガイド

水引や胴掛で飾り, ご神体人形を乗せた姿が初披露された鷹山 ( 24日午後, 京都府京丹波町 写真 : 京都新聞 2021年5月24日 19:00 )

祇園祭「 鷹山 」約200年ぶりに化粧姿よみがえる 】京都新聞 2021年5月24日 19:00

※ 京都新聞サイト内のページは, 公開期限を設けていたり, 予告なく削除したりする場合があり, リンク切れになることがありますのでご了承ください。

祇園祭 ・ 後祭 ( あとまつり ) で, 約200年ぶりに巡航を目指す鷹山がお披露目されました。 2021年も祇園祭の山鉾巡行は, 新型コロナの感染拡大防止のために中止が決定しているから, 鷹山の山鉾巡行の参加は, 2022年になる予定。

後祭で, 鉾のような形をしているのは, 南観音山 ・ 北観音山 ( 大船鉾は舟形 ) だけだから, 鷹山が加わることで, さらに楽しみが増えた。

祇園祭 山鉾 5つ種類に分けられます。

後祭は, 前祭 ( さきまつり ) のように宵山に露店が出ないし, 人出も前祭程でも無し。 だけど, 鷹山が巡行する予定の2022年7月24日は日曜日だし, 多くの人で賑わうと思います。 今から, めっちゃ楽しみ ! ! 混み合うのは嫌だけど (笑)

京都 観光・旅行 2021 鷹山復活 / 京都ブログガイド

2019年7月23日 撮影

これまでも, 祇園祭 後祭の宵山期間中に, 京都市中京区三条通新町東入ルの山音株式会社の1階で, 御神体を展示し, お囃子も演奏していました。

※ 動画を再生すると, 祇園囃の音色が流れます。

2019年7月24日 撮影

動画は, 2019年祇園祭 後祭 山鉾巡行での鷹山の様子。 殿の大船鉾の前に御神体と関係者が巡行。 祇園囃の音は一番大きかった (^^)

2019 祇園祭 後祭 (あとまつり) 

2019 祇園祭 前祭 (さきまつり) 

2014年に大船鉾が復活して以来の嬉しいニュース。 2022年は, 何事もなく, 無事に祇園祭やその他の祭が開催されると良いですね (^^)

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA