祇園祭 山鉾 5つ種類に分けられます。

祇園祭 山鉾 / 京都 ブログ ガイド

祇園祭 山鉾

 

「 祇園祭 山鉾 」

祇園祭は1ヶ月にわたる 八坂神社の長いお祭 だと書いたけど, その中でもハイライトは, やはり 「 山鉾巡行 」。 

7月17日に前 ( さき ) 祭, 7月24日に後祭の巡航が行われます。

祇園祭 山鉾 種類

大小さまざまな山鉾があるけど, 5つの種類に分けられます。

鉾 ( ほこ )

祇園祭 山鉾 / 京都 ブログ ガイド

祇園祭の山鉾のイメージといえば, この鉾ですね。

前祭では、 長刀鉾 函谷鉾鶏鉾月鉾菊水鉾放下鉾 が鉾。 真木 ( しんぎ ) と呼ばれる中心に取り付けられた柱の先端に, それぞれの鉾独自のシンボルが取り付けられています。

祇園祭 山鉾 / 京都 ブログ ガイド

長刀鉾は「 長刀 」, 月鉾は「 月 」, 函谷鉾は「 山にかかる三日月 」など。 祇園囃子を奏でる囃子方など約50人が, ぎゅうぎゅうに詰めながら搭乗。

祇園祭 山鉾 / 京都 ブログ ガイド

生身の稚児が乗るのは長刀鉾だけで, それ以外は稚児人形を載せています。

曳山 ( ひきやま )

祇園祭 山鉾 / 京都 ブログ ガイド

鉾と形は同じだけど, 鉾の先端が松の枝になっているのが曳山。

鉾の中心に取り付ける柱に真松を使っています。 前祭では, 岩戸山 。後祭では, 南観音山 北観音山が曳山。 鉾のように稚児人形を乗せず, 御神体人形を乗せています。

舁山 ( かきやま )

祇園祭 山鉾 / 京都 ブログ ガイド

人が舁いて ( 担いで ) 巡行する山が舁山。

直進するときは車輪で移動するけど, 辻回し ( 90度の方向転換 ) の時は, 山を舁いで行います。

伯牙山の辻回し

主に, 中国や日本の故事などにちなんだ御神体の人形を乗せています。 巡航で一番多いのが舁山。

船鉾( ふねほこ )

祇園祭 山鉾 / 京都 ブログ ガイド

大船鉾

読んで字の通り舟の形をした鉾。 山鉾の中でもとりわけ形が特徴的で, 前祭では船鉾 , 後祭では大船鉾。 個人的にも一番好きな鉾。

鉾の船尾に取り付けられた旗が風になびく姿は, 本当に「 かっこいい 」の一言。

傘鉾 ( かさほこ )

祇園祭 山鉾 / 京都 ブログ ガイド

傘をさして巡航するのが傘鉾。 前祭の 綾傘鉾四条傘鉾。 綾傘鉾では長刀鉾と同様, 人間の稚児6名も参加するけど, 鉾には乗らずに歩きます。

踊りの列や囃子方があり, 囃子に合わせての踊りはとても賑やかで, 見物客の拍手喝さいを受けます。

祇園祭 山鉾 重量

祇園祭 山鉾 / 京都 ブログ ガイド

2008年の山鉾巡航時に, 御池通で測定されました。

一番重かったのは月鉾で11.88トン, 一番軽かったのは綾傘鉾で0.36トン。 鉾は, 鶏鉾以外は10トン越え。

祇園祭 山鉾 動く美術館

祇園祭 山鉾 / 京都 ブログ ガイド

10トンを超える大きい鉾が巡航するのも醍醐味だけど, それぞれの山鉾の胴体に取り付けられた美術工芸品の装飾も魅力のひとつ。

船鉾 / 京都 ブログ ガイド

船鉾 船尾の装飾

 

船鉾 / 京都 ブログ ガイド

大船鉾 船尾の装飾

巡航時は山鉾までの距離が遠いけど, 前祭は 7/14 ~ 7/16, 後祭は 7/21 ~ 7/23の宵々々山, 宵々山, 宵宮の期間中は, まじかで山鉾の装飾見ることができます。

蟷螂山 / 京都 ブログ ガイド

蟷螂山はからくり仕掛けのカマキリが取り付けられており, ユーモラスな動きが人気を集めています。

祇園祭 山鉾 鉾建て

祇園祭 鉾建て / 京都 ブログ ガイド

釘などは一切使わず, 縄だけで組み立てていきます。 車輪にクッションの役目がないため, 縄で編むことで衝撃の吸収をしています。

祇園祭 山鉾 道路に穴

鉾の固定穴 / 京都 ブログ ガイド

山鉾が建つ四条烏丸周辺では, 道路に穴が4つ空いています。

鉾の固定穴 / 京都 ブログ ガイド

鉾を建てるときに固定させるための穴で, 鉾建て以外は鉄のカバー。

山の固定土台 / 京都 ブログ ガイド 山の固定土台 / 京都 ブログ ガイド

舁山では穴ではなく, 石の台座が道路に埋め込まれています。

なんで八坂神社のお祭が, ” 祇園祭 ” ?

八坂神社
祇園祭は八坂神社のお祭だけど, それなら 「 八坂祭 」 では ?

素朴な疑問ですよね。

明治以前には, 神様と仏様が一緒に祀られていたため, 慶応4年 ( 1868 ) に,『 八坂神社 』と改称されるまでは, 「 祇園社 」 または 「 感神院 」と呼ばれていました。

正式には, 祇園感神院 ( ぎおんかんしんいん ) といって比叡山延暦寺の末寺。 八坂神社は江戸時代まで, 神社でもあり, お寺でもありました。

MEMO
明治時代に 「 廃仏毀釈 ( はいぶつきしゃく ) 」 という仏教を排除しようとする政策や運動が実行されました。 江戸時代の末までは神仏習合 ( しんぶつしゅうごう ) といい,  日本独自の神をうやまう神道と仏教がいっしょになっていましたが, 神道を国の宗教にするために, 慶応4年1868年に神仏分離令 ( しんぶつぶんりれい ) が出され, 神道と仏教がわけられました。 八坂神社も江戸時代までは, 「 祇園社 」 または 「 感神院 」 と呼ばれ, 神社でもありお寺でもありました。 ( Wikipedia )

” 祇園 ” の由来

かつてお寺でもあった八坂神社に祀られていたのは, 仏教の神様である牛頭 ( ごず ) 天王

仏教を開いた御釈迦様がインドで説法を行った場所 「 祇園精舎 」の守護神。 「 祇園 」 の由来は, この牛頭天王から来ています。

 祇園社のお祭

「 祇園精舎 」 の守護神を祀っているので, 明治以前の八坂神社は, 「 祇園社 」 と呼ばれていました。

祇園社のお祭りなので「祇園祭」。

八坂神社 ホームページ

所在地 : 京都府 東山区 祇園町 北側 625番地

電話 : 0 7 5 - 5 6 1 - 6 1 5 5

祇園祭 起源

貞観11年 ( 869 ) , 全国で疫病が流行した時, 神泉苑 で ※ 御霊会を行いました。

当時日本国内の国の数である66本の鉾を建てて, 祇園社の牛頭天王 ( 悪疫を防ぐ神様 ) を祀りました。 この御霊会が 「 祇園祭 」 の起源といわれています。

※ 疫神や死者の怨霊などを鎮めなだめるために行う祭。

祇園祭の起源 もう一つの説

元祇園梛神社

四条通坊城にある元祇園梛神社 ( もとぎおんなぎじんじゃ ) 。

創建は平安時代の869年。 祇園祭の起源と同じです。

前の段落で書いた通り, 京都に疫病が広がりたくさんの犠牲者が出たことで, 疫病の神である牛頭天王を祀り, 疫病を鎮めいてもらおうとして始まったのが, 祇園祭の起原といわれています。

しかし, 元祇園梛神社に伝わる祇園祭の起源は違います。

この神社に祀られていた牛頭天王を祇園社 ( 八坂神社 ) へ分霊するときに, お囃子などで賑やかに送ったことが, 祇園祭の起源としています。

このときの行列が山鉾に姿を変えていったということです。

梛神社 ( 元祇園社 )

所在地 : 京都府 京都市 中京区 壬生梛ノ宮町18−2

電話 : 0 7 5 - 8 4 1 - 4 0 6 9

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA