祇園祭 山鉾 専門用語 説明

祇園祭 船鉾 / 京都 ブログ ガイド

祇園祭 山鉾 専門用語 説明

 

「 祇園祭 山鉾 専門用語 」

祇園祭の時に, 山鉾を見学に行くと, どんな山鉾なんだろうと説明版を読む機会があります。 そこに出てくるのが, 聞きなれないたくさんの専門用語。

読んでいても 「 水引 ( みずひき ) 」, 「 綴織 ( つづれおり ) 」, 「毛綴 ( けつづれ ) 」 などなど, ? ? ? ? な専門用語がいっぱい出てきて, 「 なんじゃこれ ? 」っていう感じになってしまう (笑)

山鉾の記事を書いていても, 「 これは, どういうものなんやろ ? 」って先に進めない (笑)

専門用語も意味が分かっていれば, より理解がすすむから, 今回は, 祇園祭の山鉾関係で, 難しい専門用語についてみていきます。

山鉾についての専門用語

真木 ( しんぎ )

祇園祭 函谷鉾 / 京都 ブログ ガイド

鉾の屋根から伸びる芯棒。

鉾頭

祇園祭 函谷鉾 / 京都 ブログ ガイド

真木の先端に取り付けられた鉾の象徴。 写真は, 函谷鉾の鉾頭。 山に昇る三日月を表しています。

天王座

祇園祭 長刀鉾 / 京都 ブログ ガイド

ご神体を安置しておく台。

写真は, 長刀鉾で, 真木 ( しんぎ ) 先端の長刀から 1.5M位下にある 「 天王座 」 に守護神である和泉小次郎親衡 ( いずみこじろうちかひら ) の人形を祀っています。

破風 ( はふ )

祇園祭 山鉾 専門用語 / 京都ブログガイド

屋根の最頂部の棟から, 地上に向かって二つの傾斜面が, 本を伏せたような山形の形状をした屋根。 ( Wikipedia )

写真は, 岩戸山

欄縁 ( らんぶち )

祇園祭 霰天神山 / 京都ブログガイド

山鉾をぐるっと囲むの黒塗りの縁。 写真は, 霰天神山 ( あられてんじんやま )

山鉾の懸装品 ( けそうひん ) についての専門用語

鉾 & 曳山 ( ひきやま ) の天水引 ・ 上水引 ・ 中水引 ・ 下水引

祇園祭 山鉾 専門用語 / 京都ブログガイド

写真は, 放下鉾

舁山 ( かきやま ) の水引

祇園祭 山鉾 専門用語 / 京都ブログガイド

写真は, 黒主山の水引と胴懸。

舁山

人が舁いて ( 担いで ) 巡行する山が舁山。 直進するときは車輪で移動するけど, 辻回し ( 90度の方向転換 ) の時は, 山を舁いで行います。

祇園祭 山鉾 種類は5つ

胴懸 ( どうかけ ) ・ 前懸 ( まえかけ )

祇園祭 山鉾 専門用語 / 京都ブログガイド

山鉾の前に取り付けられた懸装品が前懸で, 横に取り付けられた懸装品が胴懸。 写真は, 放下鉾。 前懸 ・胴懸には, 花文様のインドやペルシャの絨毯。

見送

祇園祭 菊水鉾 / 京都 ブログ ガイド

山鉾の後ろ側に取り付けられた懸装品。 山鉾が去っていくときに見える懸装品だから一番華やか。

写真は, 菊水鉾の見送りで, 岩澤重夫 ( しげお ) 筆の深山菊水図綴織 ( つづれおり ) 。

後懸

山鉾の後ろに取り付けられた懸装品が後懸。 巡行時は, 上に見送がかけられています。

綴織 ( つづれおり ) または, 綴錦 ( つづれにしき )

祇園祭 占出山 / 京都ブログガイド

手織りの最高峰と言われ, 平織りの一種で, 横糸だけで文様を表現するのが綴織。 綴錦 ( つづれにしき ) ともいいます。

写真は, 占出山の胴懸。 日本三景の綴錦 ( つづれにしき ) で, 天保2年 ( 1831 ) の制作。

織匠 小玉ホームページ 綴織の歴史や織り方などが詳しく説明されています。

毛綴 ( けつづれ )

祇園祭 山鉾 専門用語 鶏鉾 / 京都 ブログ ガイド

羊毛の縦糸そして, 羊毛の色糸に白絹糸を交えた横糸で織ったタペストリー。 出典 : weblio

写真は, 鶏鉾の見送。 有名な毛綴 ( けつづれ ) で, 近年の調査によると, トロイの皇子ヘクトールが妻子に別れを告げる場面。 この見送は, 十六世 紀頃ベルギーで製作, 江戸時代初期に輸入されたものと考えられ, 国の重要文化財に指定されています。

錦織

祇園祭 山鉾 専門用語 芦刈山 / 京都ブログガイド

錦織は, 金銀糸や種々の色糸を用いて, 華麗な文様を織り出した紋織物の総称。

写真は, 芦刈山の胴懸で, 豊公獅噛鳥獣文様の錦織。

祇園祭 山鉾 専門用語 まとめ

祇園祭 山鉾 専門用語 役行者山 / 京都ブログガイド

自分自身も山鉾の説明版を読んでいて, チンプンカンプンだった。

難しい専門用語が多いから, 祇園祭の山鉾を見に行った時に, 少しでも理解の助けになれば幸いです。

ちなみに, 函谷鉾のホームページにも詳しい説明が掲載されています。

祇園祭 山鉾 種類について

曳き方 ボランティア体験

今度京都へ来るときの参考に



 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA