妙蓮寺 2021 4つの桜が楽しめる貴重なお寺。

妙蓮寺 2021 / 京都ブログガイド

妙蓮寺 2021

 

「 妙蓮寺 2021 」

主君の仇を討つために, 赤穂藩の家臣大石内蔵助ら 四十七人が, 吉良邸に討ち入り吉良上野介を打ち取ったけど, 罪により切腹。 ほとんどの人が知っている話だけど, 実は, 妙蓮寺に討ち入りした四十六人の遺髪を納めたお墓があります。 桜の美しさと共に知られています。

妙蓮寺 2021 4つの桜が楽しめる貴重なお寺。

1. 御会式桜 ( おえしきざくら )

妙蓮寺御会式桜 2021 / 京都ブログガイド

本堂から見て, 左前にあります。

10月に咲き始めて11月には満開になる。 そして, 冬には花の数を減らして寒さを堪え忍び, 春に再び満開になるという珍しい桜。 10月桜ともいわれます。

日蓮宗の宗祖 日蓮が亡くなったのが, 10月13日。 日蓮聖人の亡くなった10月に花を咲かせることと, 日蓮聖人の法要を ’’ 御会式 ’’ と呼ぶことから「 御会式桜 」と呼ばれるようになりました。

妙蓮寺御会式桜 2021 / 京都ブログガイド

実際まだ11月に満開になったところを見たことがないから, その珍しさは実感できていないけど, 一度機会があれば見てみたいもの。 ただ, 11月は紅葉で頭がいっぱいになっているから, 忘れてしまうかも (笑)

染井吉野より大きめの花びらで, ピンクが濃いものもあり。

2. 染井吉野

妙蓮寺 2021 / 京都ブログガイド

本堂の前にある日蓮上人像の周りを取り囲むように, 染井吉野が咲き誇ります。

妙蓮寺 2021 / 京都ブログガイド 妙蓮寺 2021 / 京都ブログガイド

本堂の西側にも染井吉野が植えられているけど, 駐車場も兼ねているから, ちょっと, 味気ない景色。

3. 紅枝垂桜

妙蓮寺 桜 2020 / 京都 ブログ ガイド

2020年4月3日 撮影 8分咲き 寺務所まえにある紅枝垂桜。

2021年は, 染井吉野が満開の時に訪問はできたけど, その時紅枝垂桜は4分咲きで, 満開にはまだまだの状態。 実際まだ満開は観たことがないけど, 美しいことは容易に想像できます。 2022年は是非見てみたいもの。

4.八重桜 ( 牡丹桜 )

妙蓮寺 桜 2020 / 京都 ブログ ガイド

2020年4月17日 撮影

本堂東側に咲く八重桜。 まるで果実が実っているようなゴージャスな咲き方。

妙蓮寺 桜 2020 / 京都 ブログ ガイド

2020年4月17日 撮影 寺務所前に咲く八重桜。

妙蓮寺 桜 2020 / 京都 ブログ ガイド

牡丹桜の別名の通り, 幾重にも重なる濃いピンク色の花びらが, 重厚な美しさを見せてくれます。

妙蓮寺について

妙蓮寺 2021 / 京都ブログガイド

法華 ( 日蓮 ) 宗 京都二十一ヶ寺の本山で, 日蓮上人の孫弟子 日像上人を開基とします。

永仁二年 ( 1294 ) に, 造酒屋の柳屋仲興が日像上人に帰依して, 西洞院五条の邸宅を寺に改めて, 柳寺と称したのが始まり。 応永年間 ( 1420年頃 ) に, 日存, 日道, 日隆, 日慶らが, 大宮通四条下るに伽藍を移築造営して, 妙蓮寺と名前を改めました。

その後, 度々移転し, 天正十五年 ( 1587 ) , 豊臣秀吉の聚楽第造営の時, 現在地に遷されました。

赤穂義士遺髪の墓

妙蓮寺 / 京都 ブログガイド

切腹した四十六人の遺髪を, 同志であった寺坂吉右衛門が赤穂城下への帰路道中に, 京都伏見に住む片岡源五右衛門の姉宅に立ち寄り, 当時の事情により遺髪を託しました。

赤穂義士の遺髪は, 主君の三回忌にあたる元禄十七年二月四日, この姉が施主になり菩提寺である妙蓮寺に墓を建立して納められました。 以降, 三百年の風雪によって痛みが激しいため平成十四年二月四日に再建。

赤穂義士

元禄十四年 ( 1701 ) 勅使下向の接待役であった赤穂藩主 浅野長矩が, 城中典礼の儀で, 恥をかかせた吉良上野介を刀で斬りつけるという事件を起こしました。 この事件で, 浅野長矩は切腹。

主君の仇を討つために, 赤穂藩の家臣大石内蔵助ら 四十七人が, 吉良邸に討ち入り吉良上野介を打ち取りましたが, 罪により切腹となりました。

妙蓮寺 2021 アクセス

妙蓮寺 2021 / 京都ブログガイド

京都市バス「 堀川寺之内 」バス停下車, 徒歩約2分。 寺之内通堀川西入ルにあります。

近くの桜スポット

水火天満宮

境内に, どっしりと垂れ桜が存在感を誇っています。 樹高がそれほど高くないので, その華やかなピンク色の花びらを真近で桜を楽しめます。 個人的にも水火天満宮の枝垂れ桜の色は好み。

水火天満宮 ( 妙蓮寺から徒歩約4分 )

本法寺

妙蓮寺と同じく公共交通機関では市バスのアクセスしか恵まれていない ( 地下鉄の駅からは遠い ) から, 今のところ, 観光客も多くなく, 落着いて桜を楽しめます。 派手さはありませんが, 桜の配置が絶妙で, 心に残る風景を見ることができます。

本法寺 ( 妙蓮寺から徒歩約5分 )

妙顕寺

門前の2本の紅枝垂桜がめっちゃ元気で印象的なお寺。 この2本の紅枝垂桜を見るだけでも妙顕寺は値打ちあり ! ! なんか元気も貰えます (^^) ここ以外にも綺麗な桜の風景が見られるので, 妙顕寺はめっちゃオススメ !

妙顕寺 ( 妙蓮寺から徒歩約5分 )

雨宝院

御室桜と同じ品種の背丈の低い桜がこじんまりとした境内に咲き誇ります。 ほぼ閉ざされた空間に立っていると, 桜の花で上から蓋をされ, 包み込まれているように感じます。この感覚は他のどの場所でも体験不可。 「 雨宝院 」 でしか体験できません。

この素晴らしいお寺での注意点は, 広くないこと。 なので, 開門直後の9時の訪問がオススメ。 京都の他の桜スポット以上に気にとめておいたほうが無難。

雨宝院 ( 妙蓮寺から徒歩約6分 )

近くの観光スポット

山名宗全の邸宅跡

山名宗全は, 京都で約11年も続いた応仁の乱の西軍総大将。 妙蓮寺から徒歩約6分のところにあります。

山名宗全の邸宅跡

小川通

小川通寺之内上ルには, 表千家の不審菴, 裏千家の今日庵が並んであります。 そのためと思いますが, この辺りだけ雰囲気が違います。 石畳風で道が整備され, 町並みと共に, 京都らしい雰囲気を醸し出しています。

花見小路の人混みが嫌だという人には, ここはオススメ ! ! ! ! 観光客が少なく, ゆったり静かに, 京都に浸れます。

小川通 ( 妙蓮寺から徒歩約4分 )

応仁の乱激戦地 百々橋の合戦跡

妙蓮寺から徒歩約4分にあるのが, 応仁の乱で東軍西軍が激突した激戦の地である百々橋跡。 当時はここに小川が流れていて, 橋の基礎になった石が面影を偲ばせてくれます。

応仁の乱 なぜ起こってしまったのか?

細川勝元邸宅

妙蓮寺から徒歩約5分にあるのが, 応仁の乱 東軍総大将の「細川勝元邸宅」。 山名宗全の邸宅跡のように石碑は存在しないけど, 1区画にわたる広い邸宅だったよう。 歴史に消えていった ” 東陣 ” の悲しさですね。 上京区に頑張ってもらって, 細川勝元邸跡の碑を建ててほしいもの。

応仁の乱 東陣

紫式部 ・ 小野篁の墓

妙蓮寺から徒歩約12分のところにあるのが, 「 紫式部 ・ 小野篁の墓 」。

紫式部は「 源氏物語 」の作者。 小野篁 ( おののたかむら ) は, 昼間は朝廷に出仕し, 夜は ” 閻魔大王 ” に仕えていたという伝説があり,「 今昔物語 」などにも語られています。

小野篁について

紫式部は, 当時としてはドロドロした恋愛物語を書いた事で風紀を乱し, 人々を惑わせたという理由で, 「 紫式部は ” 地獄 ” へ落ちた ! 」 と考えられていました。

「 紫式部を地獄から助けだしたい ! 」 と思った人々がすがったのが, 夜に閻魔大王のお手伝いをしていた 「小野篁」。 小野篁から閻魔様にお願いをしてもらい, 紫式部を地獄から救いだして欲しい ! ! との思いから, お墓を隣同士にしたのだそう。

近くのラーメン屋

らーめん 彦さく

妙蓮寺から徒歩約8分にあるのが, 「 らーめん 彦さく 」。 鶏骨白湯こってりはかなり美味しく, このメニューだけでも店がやっていけそうな気がするけど,塩ラーメンも旨い。 店員さんも礼儀正しく, 気持ちの良い接客。 ラーメンの味も良いし, オススメのお店。

妙蓮寺 2021 まとめ

妙蓮寺御会式桜 2021 / 京都ブログガイド

2021年に観られたのは, 御会式桜と染井吉野だったけど, 寺務所前の紅枝垂桜や八重桜も楽しめます。

満開は ,御会式桜 ⇒ 染井吉野 ⇒ 紅枝垂桜 ⇒ 八重桜の順番。 全部観るのはなかなか時間が許さないけど, 桜のシーズンを通して, どれかが見頃になっているという貴重なお寺。 先に紹介している水火天満宮 ・ 本法寺 ・ 妙顕寺は, 妙蓮寺の近くにあるから一緒に楽しめるのも良いところ。

妙蓮寺 2020 桜

妙蓮寺ホームページ

所在地京都府 京都市 上京区 妙蓮寺前町 寺之内通大宮東入ル
上ル 下ル 西入 東入について
電話075 - 451 - 3527

※ 拝観時間 ・ 拝観料等は変更されることがありますので, 寺院にご確認ください。 万が一, 間違っていたとしても, 責任は負いかねます。 予めご了承ください。

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA