天使突抜 天下人のごり押しでできた道!?

天使突抜 1 / 京都 ブログガイド

 

天使突抜 (てんしつきぬけ)

 

京都には、色んな珍しい地名がありますが、

「 天使突抜 」は、 BEST3に入るんではないでしょうか?

天使とは、 何ともロマンチックな単語が入っている町名ですが、

この名前のついた由来には、 「 豊臣秀吉 」が関係しています。

 

天下人のごり押しでできた道!?

 

天下を取った秀吉は、

天正十九年(1591)に、

応仁の乱で荒廃した京都の都市改造の一環として

 

外敵の襲来に備える防塁と、

川の氾濫から市街地を守る堤防として

周囲23キロにわたって 御土居 ( 土塁 )を築きます。

 

東は鴨川、 西は紙屋川、

南は九条辺り、 北は鷹ケ峯に

沿って築かれました。

 

土塁の内側を洛中、 外側を洛外と呼び、

要所には、 七口といわれる出口を設けました。

鞍馬口、 丹波口などの地名はその名残です。

 

また秀吉は、 都市整備の一環として、

新たな通りの建設にも着手します。

 

そのことが、「天使突抜」ができるきっかけとなります。

 

仏光寺西洞院西入ルから「  東中筋通( 天使突抜通 ) 」が始まっていますが、

この通りは、 秀吉が京都を整備する前はありませんでした。

 

天使突抜2 / 京都 ブログガイド

ここから、東中筋通( 天使突抜通 )が始まります。

 

途切れている「 東中筋通 」をまっすぐ北へ延長すると、

錦小路から「 小川通 」が始まります。

 

秀吉は、 この「 小川通 」を錦小路から南へ延伸しようと考えました。

但し、「 小川通 」を南へ延ばすといっても、

そこには民家などが建っており、

 

五條天神宮1 / 京都 ブログガイド

 

しかも、 松原通り辺りで、

” 五條天神宮 ” の境内を通ることとなるので、

周りから反対の意見が出ました。

 

「 五條天神宮を、 突抜ければよいではないか ! ! 」

と秀吉が言ったかどうかはわかりませんが ・ ・ ・ ・ 、

 

秀吉は、 「 小川通 」の南延を強行します。

その結果できたのが、 「 東中筋通( 天使突抜通 ) 」です。

 

天使突抜3 / 京都 ブログガイド

 

そして、 東中筋通松原下ルから、

「 東中筋通( 天使突抜通 ) 」の両側が、

天使突抜1丁目、 2丁目、 五条通を挟んで、

天使突抜3丁目、 4丁目と続いています。

 

天使突抜4 / 京都 ブログガイド

 

実は、 この ” 五條天神宮 ” は、 天神とついていますが、

菅原道真を祀る天神さんではありません。

 

その昔は、 「 天使の宮 」( 天使社 )と呼ばれ、

地元の人からは、 ” お天使さま ” と呼ばれていたそうです。

 

その ” お天使さま ” の境内に道を通したことから、

当時の京都人は、 秀吉への怒りと皮肉を込めて、

「天使突抜」 と呼んだそうです。

 

五條天神宮

 

五條天神宮2 / 京都 ブログガイド

 

祭神は 「 大己貴命( おおなむちのみこと ) 」

「 少彦名命 ( すくなひこのみこと ) 」

「 天照大神 ( あまてらすおおみかみ ) 」を祀り、

 

社伝によると、 延暦一三年( 七九四 )、

桓武天皇の平安遷都に当たり、

大和国宇陀郡から天神 ( あまつかみ ) を

移したのが( 勧請したのが )始まりです。

 

当初は「 天使の宮 」( 天使社 )と呼ばれていましたが、

後鳥羽天皇の時代に「 五條天神宮 」と改められました。

 

当時は、

現在の五條天神宮以上の規模を誇っていましたが、

戦乱や火災によって縮小してしまいました。

 

五條天神宮は、 昔から、

医薬とおまじないの神様として人々から敬われ、

今でも節分には、 厄除け祈願に参詣する人が多くいます。

 

※現在、 東中筋通( 天使突抜通 )の錦小路~仏光寺間が、 なぜ道がないかはわかりません。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA