祇園祭 菊水鉾 清らかな水にちなんだ鉾

祇園祭 菊水鉾 / 京都 ブログ ガイド

祇園祭 菊水鉾

 

「 祇園祭 菊水鉾 」

室町通四条上ルに建てられます。




 

祇園祭 菊水鉾の由来

提灯 / 京都 ブログ ガイド

 

室町時代末期、 堺の豪商であり茶人の ※ 武野紹鴎( たけのじょうおう )の大黒庵の中にあった井戸 菊水井( きくすいい )にちなんで名づけられました。

※ 茶の湯の弟子には、 第13代将軍 足利義輝や千利休などがいた。

 

菊水鉾の鉾頭

 

金色透かし彫十六弁菊花を付け、 真木の中 ほどの「 天王座 」には彭祖( ほうそ:中国古代の伝説上の長寿者 )像を祀っています。

 

昭和の復活

祇園祭 菊水鉾 / 京都 ブログ ガイド

 

元治元年( 1864 )の兵火で鉾は焼失してしまいましたが昭和ニ十七年、 88年ぶりに再興、同ニ十八年六月に完工祭を行いました。

稚児人形は菊の露を飲んで長寿を保ったという菊慈童( じどう )で能装束の舞姿。

 

他の鉾との違い

唐破風造り / 京都 ブログ ガイド

 

屋根は唐破風造りで、 彫師 海老名峰彰( えびなほうしょう )の鳳凰の縣魚( げぎょ )を飾り、 軒下に翠簾( すいれん )を掲げるところは特に他の鉾と異なるところ。

 

祇園祭 放下鉾 / 京都 ブログ ガイド

 

上の写真は、「放下鉾」の屋根。菊水鉾の唐破風造りのように丸みを帯びていません。

 

菊水鉾の懸装品

祇園祭 菊水鉾 / 京都 ブログ ガイド

 

昭和ニ十九年、 皆川月華( みながわげっか )作の唐獅子図の胴懸( どうかけ )と飛鶴図( ひかくず )の前懸。

 

祇園祭 菊水鉾 / 京都 ブログ ガイド

 

同三十三年には山鹿精華( やまがせいか )作の一番水引、 同三十五年には皆川泰蔵( たいぞう )作の二番水引が加わり、 同三十六年には月華作孔雀図の豪華な見送りが完成しました。

 

祇園祭 菊水鉾 / 京都 ブログ ガイド

 

同三十九年には三輪晁勢( みわちょうせい ) 筆の天井絵、 そして小林尚珉( しょうみん )作の錺金具が制作されました。

 

祇園祭 菊水鉾 / 京都 ブログ ガイド

 

引き続いて、 晁勢筆の天水引、 月華作の下水引、 岩澤重夫( しげお )筆の深山菊水図綴織( つづれおり )見送り等も新調され、 菊水鉾は「 昭和の鉾 」として、 その偉容を整え進化を続けています。

 

まとめ

 

緑色が好きなので、 岩澤重夫( しげお )筆の深山菊水図綴織の見送りが大好きです。

めちゃめちゃ美しいです。 まさに動く美術館 ! !

 

深山菊水図綴織の見送り / 京都 ブログ ガイド

 

ちなみに 、

長刀鉾や月鉾は、 片側2車線ある四条通に鉾が建てられるため、 通常は歩道側( 片側 )からしか見ることができません。

もう1車線は車が通っているため、 反対側の歩道からしか見られません。 宵山のときに歩行者天国になると見られますが、 人が多くゆっくり見られません。

その点、 菊水鉾の建つ室町通は1車線。 鉾建てが始まると、 昼夜車が通行止め。360度全方向から鉾を眺められます。午前中は、綺麗で美しい胴懸や水引などを真近でゆったり体感できます。



菊水鉾

京都府 京都市 中京区 室町通 四条上ル

上ル下ル西入東入について

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA