祇園祭 船鉾 一番のお気にいり。

祇園祭 船鉾 / 京都 ブログ ガイド

祇園祭 船鉾

 

「 祇園祭 船鉾 」

山鉾の中で一番好きなのが「 船鉾 」

他とは違い船の形をしているのが特別。新町通綾小路下ルに建てられます。

上ル下ル西入東入について

 

船鉾の外観

祇園祭 船鉾 / 京都 ブログ ガイド

船首には金色の伝説の鳥 鷁( げき )

 

舵 / 京都 ブログ ガイド

船尾には黒漆塗螺鈿の飛龍文様の舵

 

祇園祭 船鉾 / 京都 ブログ ガイド

船端に朱漆塗の高欄をめぐらしています。

 

祇園祭 船鉾 / 京都 ブログ ガイド

 

唐破風入母屋造りの屋根からひるがえる紅白の長旈( ちょうりゅう )と吹流しは、 凛々しいの一言。

 

船鉾の由来

 

三韓征伐  の際 、※ 神功皇后が妊娠しているにもかかわらず男装して勝利をおさめたことに由来。

お腹の中にいた子供が後の応神天皇。

船鉾( 前祭 )が出陣、 大船鉾( 後祭 )が凱旋を現わします。 ※ 仲哀天皇の皇后で、 応神天皇の母親。

 

船鉾の御神体

 

鉾の上には、 皇后と付き従う磯良( いそら )、 住吉、  鹿島の三神像を安置。

主神である神功皇后は 、 神面をつけ緋縅(ひおどし)の軍装姿。 その後ろに鹿島明神が控える。

船首には海の神である安曇磯良( あづみのいそら )が竜宮の ※満干珠(みちひるたま)を住吉明神に捧げる姿。

※ 海水の干満 ( かんまん ) を自由にできるという珠 。

 

安産にご利益

 

文安年間( 1444 ~ 1448 )の作とされる神功皇后の神面は、 古来より安産にご利益があるとされ、 明治天皇誕生時には宮中にも参内。

神功皇后の神像に ※岩田帯をたくさん巻いて巡航し 、 祇園祭が終わった後に安産のお守りとして妊婦に授与されます。

※ 妊婦が腹部に巻く白布の帯。



船鉾の懸装品

船首の鷁 / 京都 ブログ ガイド

 

船首の鷁は宝暦年間( 1751 ~ 1764 )長谷川若狭の作。

 

舵 / 京都 ブログ ガイド

 

船尾の黒漆塗螺鈿の飛龍文様の舵は、 寛政四年( 1792 )に造られました。

 

祇園祭 船鉾 / 京都 ブログ ガイド

 

水引の雲龍図肉入刺繍( うんりゅうずにくいりししゅう )の下絵は西村楠亭( なんてい )( 1775 ~ 1834 )の筆。

また鹿島明神の持つ長刀は、 寛文年間( 1661 ~ 1672 )の井上和泉守真海( いのうえいずみのかみしんかい )作の逸品です。

 

まとめ

祇園祭 船鉾 / 京都 ブログ ガイド

 

他の山鉾とは形や懸装品も独特な船鉾。 一番魅力を感じます。

「 ♪ 船鉾のちまきどうですか?厄除けのちまきどうですか? 」

宵山時の「 厄除けちまき 」を売る子供たちの唄うような掛け声にも心癒されます (^^)

是非一度訪れてみてください。

 

京都市下京区新町通綾小路下ル船鉾町




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA